日本酒の歴史

kiyoshi hashizume

国(大蔵省)の醸造技師として醸造試験場に赴任。

他県への異動の辞令を断り、県の醸造技師として亡くなるまで広島を離れず広島県酒の酒質向上のために尽力しました。

現在の広島杜氏の前身である三津杜氏の養成に尽くし、各杜氏組合の擁立に貢献した人物でもあります。

また明治43年に県立西條農学校と共に開場した同農事試験場において、新たな酒米の開発にも携わりました。

酒三代恩人+佐竹

現在広島は、日本三大酒処の一つとしてゆるぎない地位を確立していますが、かつては「日本酒造り」には適していない土地でした。

古くから「日本酒造り」の盛んだった兵庫の灘、京都の伏見には酒造りに適するとされる「硬水」が湧いていましたが、広島に湧き出る水の多くは酒造りには適さないとされる「軟水」「超軟水」がほとんどでした。

軟水が酒造り不向きであるとされる理由は、日本酒造りに欠かせないとされる酵母の栄養となるミネラル分が極端に少ない為です。

しかし、それらの酒造りに適さない条件を3人の男達が克服したことにより、これまでにない全く新しい「吟醸Ginjo」という日本酒が広島で誕生する事になったのです。

人物一覧

人物詳細

takashi hashizume
1876年
takashi hashizume
1944年
takashi hashizume