広島の日本酒

藤井酒造

創業は文久3年(1863年)。良質の仕込み水に恵まれた竹原を酒造りに適した地として、酒造業を興す。
藤井酒造は純米酒のみを醸す、全量純米酒蔵。米と米麹のみを原料とする、日本酒の原点とも言える酒造りにこだわる。そして導き出した答えが、「生酛造り」である。酒は、人が造るものではなく、自然が醸すもの。だからこそ、妥協を許さず、手間暇をかけ、常に最高を目指して挑戦を続けている。
藤井酒造の酒は、食事とともに楽しむ「食前酒」。個々で楽しむよりも、食事との相乗効果でよりおいしくなる酒を目指している。
主要銘柄である『龍勢』は、明治40年の記念すべき第1回全国清酒品評会で、最高位である優等賞第一位を受賞。また、IWC2007 SAKE部門の純米吟醸酒・純米大吟醸酒の部で、『龍勢 純米大吟醸黒ラベル』が最高賞であるトロフィーを受賞した。
小規模ながらも、地道に本物の酒だけを醸す確かな実力を持つ、それが藤井酒造である。

藤井酒造の日本酒

広島日本酒の歴史

L’histoire des sakés d’Hiroshima

広島日本酒の歴史

日本酒の歴史をもっと詳しく

お知らせ

News

TOPへ戻る