広島の日本酒

梅田酒造場

広島市東部に位置する安芸区船越の岩滝山の麓にある蔵で、創業は大正5年(1916年)。岩滝山から流れる伏流水を地下60メートルの深さから汲み上げた湧き水、広島県産の酒米「千本錦」、広島県で作られた吟醸酵母を使用するなど、地元広島にこだわった酒を造っている。
立ち香・含み香ともにフルーティーな吟醸香が華やかに広がり、まろやかでいてスッキリとした飲み口で定評があるのが『本洲一』。2008年にIWCのSAKE部門で金賞を受賞し、以来、香港やオランダ、フランスなどにも販路を広げている。
日本一の酒を造りたい。その思いを込めて商標登録した『本洲一』は、創業から100年以上を経て、日本のみならず世界からも愛される酒である。

梅田酒造場の日本酒

広島日本酒の歴史

L’histoire des sakés d’Hiroshima

広島日本酒の歴史

日本酒の歴史をもっと詳しく

お知らせ

News

TOPへ戻る