酒蔵紹介

三宅本店

三宅本店について

「千福」でお馴染みの株式会社三宅本店は、かつて海軍の拠点であった広島県呉市にある。

三宅本店は1856年(安政3年)「河内屋」という屋号で創業され、味醂、焼酎、白酒を製造していた。日本酒の製造を開始したのは明治35年である。

大正に入ると海軍の練習艦「浅間」に「呉鶴」を載せ220日余りを航海、数回にわたる赤道通過にも係らず、変質、変味がなかった事が高く評価され、証明書が手交された。以後、全海軍基地に「千福」が納入されると、販路が全国に大きく広がり、昭和初期には日本最大規模の蔵となった。

昭和20年空爆でほとんどの施設を焼失、終戦により海外の資産も全て失い、戦後0からのスタートとなった。

一時的に別の事業を行い復興の原動力とすると、その後は機械化を推進、昭和55年には紙パック入りの清酒「ふくぱっく」、昭和57年には「生酒」を販売するまでに至っている。

千福にはもともと蔵が5つあったが、現在は「呉宝庫」「吾妻庫」という2つの蔵で互いの酒造りを競い合っている。

サトウハチロー氏作詞による「♪♪千福いっぱいいかがです~」でおなじみのCMで地位を確立した大衆酒の多くはこの「吾妻庫」で製造されている。一方、吟醸蔵である「呉宝庫」では明治、大正時代に酒米として使用されていた幻の米と言われる「神力(しんりき)」の栽培を成功させ、「神力」で造る酒は当時の仕込み方である「生もと造り」で行う方がより旨い酒に仕上がる。という考えのもと、蔵人達が試行錯誤しながら完成させた「神力生もと純米無濾過原酒」などの純米酒、吟醸酒を醸している。

「神力生もと純米無濾過原酒」はスローフードジャパン 燗酒コンテスト2012で初出展ながら極上燗酒部門で金賞を受賞。

千福は創業以来代々受け継いできた「協和一致・誠心誠意」の精神が「千の福」を生み出す原動力として、また「和」を基本理念として、これからも困難に立ち向かい果敢に挑戦し続ける。

酒蔵の写真


  • 建物外観

  • 煙突

  • 作業場

  • 作業場

  • 作業場

  • 貯蔵風景

酒蔵一覧

酒蔵紹介

1856年
広島県呉市本通7-9-10
TEL 0823-22-1029
FAX 0823-24-5500