伝統・技術・創意 広島の日本酒

酒蔵について

酒を醸造または貯蔵する蔵を「さかぐら」といいます。
酒造りには適度な菌が必要です。元は同じ菌であっても製造工程において、各々の蔵独自の「蔵ぐせ」により菌が独特の香りや風味を出す為、同じ地にあっても蔵が異なれば出来るお酒も異なります。
また酒造りにおいては夏場でも適度な冷気と湿度を必要とし、古くは、土蔵が必要であった為、酒造元を「蔵元」と呼ぶようになったと言われています。

news

更新情報

2014/10/15
ホームページを公開しました

イベント情報

2014/10/16
10月17日〜18日 @パリ:エスパスシンコ 12-18 Passage Choiseul 75002 “C‘est bon JAKEN~Étonnant HIROSHIMA”開催