広島の日本酒

日本酒の飲み方/保存方法

日本酒は、様々な温度帯で飲まれています。
日本では、温めた「燗」で飲むことも一般的でした。精米度の高い「吟醸酒」は、「燗」でも美味しく飲めますが、常温又は冷やして飲むことを推奨します。

«冷やして飲む» 温度:5℃~15℃

  • 吟醸酒、大吟醸酒は、10℃前後に冷やすと美味しく飲めます。
  • 吟醸酒の香り「吟醸香」が楽しめます

«常温で飲む» 温度:20度

  • 香りはやわらかく、味わいもソフトな印象になります。

«温めて飲む» 温度:30℃~55℃

  • 日本の伝統的な飲み方ですが、最近では再びトレンドになりつつあります。
  • 温めるとお酒に含まれるうまみ成分がよりおいしく感じられます。

※燗の仕方
——————-
日本では「徳利」を熱湯につけますが、「徳利」が無い場合はマグカップもしくは厚めのガラスコップと鍋でも代用できます。また、電子レンジで温めることもできます。(40秒~1分程度)

日本酒の保存方法

日本酒はワインと同じ醸造酒であり、日光は大敵で、温度変化の少ない冷暗所での保管が推奨されます。
開栓した場合は、日本酒はワインと同様に酸化・劣化のペースが遅いので、冷蔵庫で冷温保存すれば一週間程度は美味しく飲めます。

TOPへ戻る