広島の日本酒

中国醸造

大正7年(1918年)、酒造りに使うアルコールの製造会社として創業。その後、創設者の「清酒を造りたい」との思いから、昭和38年に清酒の製造を開始した。
中国醸造の名を全国に広めたのは、業界初の紙パック容器入りアルコール飲料「はこさけ一代」である。 紙パックの手軽さは、新しい消費シーンを生み、時代のヒット商品となった。その後も時代のニーズに応じた商品開発に力を入れ、「他メーカーが造れない酒造り」をモットーに取り組むのが、“弥山シリーズ”である。
大吟醸酒『藍弥山』は、最上の酒米「山田錦」を35%まで磨き上げ、軟水で醸しており、華やかな香りとフレッシュな味わいがバランス良く調和する。純米吟醸酒『桜弥山』は、酒米「八反錦」と酵母「せとうち21」を使用し、米独特のやさしい口当たりと、ふくよかな香りが堪能できる。
さらに、もっと生きた酒を造りたいとの思いから、広島県産の「こいおまち」と「八反錦」の2種類の酒米を使った『弥山』を発表。平成25年の全国新酒鑑評会において、金賞を受賞した。
人に、食に、寄り添う日本酒を造り、酒文化の一翼を担うため、中国醸造はこれからも技術とチャレンジ精神を研鑽し続ける。

中国醸造の日本酒

広島日本酒の歴史

L’histoire des sakés d’Hiroshima

広島日本酒の歴史

日本酒の歴史をもっと詳しく

お知らせ

News

TOPへ戻る