酒蔵紹介

醉心山根本店

醉心山根本店について

創業は1860年(万延元年)、明治中期、約20あった銘柄をより広く認知してもらう為、統一して一つの銘柄にしたのが「醉心」である。当時は「醉心(よいごころ)」といったそうだが、いつしか「すいしん」とよばれるようになったそうだ。

1913年(大正2年)に協会3号酵母を発見するなど戦前からの評価も高く、1919年(大正8年)、1921年(大正10年)、1924年(大正13年)と全国酒類品評会において3回連続第1位を獲得し、名誉賞を受賞するなど経歴も華やかだ。

そして醉心を語る上で欠かせないのが近代日本画壇の巨匠、横山大観であろう。

昭和初期、もともと「醉心」を気に入っていた大観と当時の社長・山根薫氏が意気投合し、大観に「一生の飲み分を約束」した話は有名だ。

蔵のこだわりは仕込み水で、現在は広島県中部にある福富町は鷹の巣山の麓で得られる伏流水を使っている。変わらない「醉心」を造り続けるために、2年の歳月を費やしこの水を探し当てた。水はミネラル分をほとんど含んでいない究極の軟水であり、酒はキメ細かくスッキリしたなかにも、ふくよかで上品な甘味と旨味があり、軽やかで香り高い酒に仕上がっている。米は兵庫県産、最高級「山田錦」と厳選した広島県産の酒造米を使う。

大観が生涯愛飲し続けた如く「飲み飽きしない酒」造りのコンセプトは全国はもとより海外へ進出している今もなお、脈々と受け継がれている。

酒蔵の写真


  • 建物外観

  • 建物入口

  • 建物内観

  • 建物内観

  • 建物内観

  • 建物外観

酒蔵一覧

酒蔵紹介

takashi hashizume
1860年
takashi hashizume
広島県三原市東町1-5-58
takashi hashizume
TEL 0848-62-3251
FAX 0848-62-3253