酒蔵紹介

賀茂泉

賀茂泉酒造について

広島の酒処として名高い西条の酒蔵の中でも新しい蔵元が賀茂泉(かもいずみ)だ。

新しいといっても1912年(大正元年)創業で今年で102年目を迎える蔵だ。

賀茂泉は、醸造アルコールなどを添加した三増酒が主流だった昭和40年代初め、本来あるべき日本酒の姿である米と米麹だけで醸す純米酒造りに取り組んだ米醸造のパイオニアである。

まだ特定名称酒の制度もなく"無添加酒"と呼んでいた当時、酸味があり無色でない純米酒は評価も散々であった。

しかしながら、昭和47年、当時としては画期的な精米歩合60%の、後に言う純米吟醸酒を発売し、全国的にその名を広めた。

賀茂泉は炭素濾過ろ過を行わない酒が中心で、酸が強く、ずっしりとした芳醇な味わいとコクで、ほんのり山吹色をしている。「どんな料理と合わせても互いを引き立たせあう事ができるので普段酒として飲んでほしい。」と杜氏の新谷氏は言う。

米にこだわる賀茂泉は地域の農家に山田錦を栽培してもらう試みをおこなったり、純米酒の製造が米の消費に繋がり、結果、米農家さんの地位向上につながるという趣旨のもと、地域に根差した活動も行ってる。

純米酒を復活させ、時間をかけて育ててきた蔵はこれからも、米の良いところも悪いところもしっかり残した、「日本酒本来の姿」である純米酒にこだわり、造り続ける。

酒蔵の写真


  • 煙突

  • 建物外観

  • 建物入口

  • 建物内観

  • 建物内観

  • 酒樽

酒蔵一覧

酒蔵紹介

1912年
広島県東広島市西条上市町2-4
TEL 082-423-2118
FAX 082-423-9217